手数料がいっぱい?MNPにかかる費用を計算しよう

各社、気軽にMNP解約されちゃわないように(?)、乗り換えには手数料がかかります。

大手キャリア利用の多くの方が2年縛り契約ですが、2年ごとの更新する月以外の解約は高額の違約金もプラスされます。

使わなくするための手続きにお金が必要なのかよ!という思いはありますが、いろいろ名目がありまして。

とにかく後になって請求にびっくりしないように、予め計算して把握しておきましょう。

 

MNP転出手数料

exit

ソフトバンク(解約するほうの携帯会社)に、MNP転出手数料を支払います。

MNP番号の発行は無料で行えますが、それを使用してMNP乗り換えを実行すると発生する手数料です。

私のソフトバンクの利用期間、一年数ヶ月の場合は、3,000円のMNP転出手数料でした。

ソフトバンク公式サイトによりますと、

  • 契約後翌々請求月末までのMNP転出については、5,000円
  • それ以外は、3,000円

との事です。

だいたい3000円ですが、契約して2.3ヶ月くらいの人は、5000円かも知れません。という感じでしょうか。

MNP番号を発行してもらうときに、電話口のオペレーターさんに聞いて確認しましょう。

 

2年縛り契約の違約金(契約解除料)

keiyakukaijo

ソフトバンク(解約するほうの携帯会社)でごく一般的な2年縛りの契約をしていたら、更新月と呼ばれる「2年おきに訪れるラッキー月間」以外の解約は、違約金(契約解除料)の支払いが必要になります。

更新月の方は、この費用はかかりません。

私のソフトバンクの利用期間は一年数ヶ月で、更新月まで半年くらいでした。

膨張が止まらないiphoneが半年ももつはずが無いので、違約金を支払う事にしました。

請求額は9,500円でした。

ソフトバンク公式サイトによりますと、この違約金(契約解除料)にもパターンがあるようです。

一般的なご契約の場合(※原文ママ)は、おおよそ9,500円。

契約状況によっては、9,500円を下回ることもあるようです。

こちらも、電話口のオペレーターさんに聞いて確認しましょう。

 

使用料金などいろいろ

これは手数料では無いですが、解約後にまとめて請求が来ます。

解約時点までの最後の使用料金など、日割りだったり、日割りに出来ない設定で月額まるまるだったり様々。

こちらも、電話口のオペレーターさんに聞いて確認しましょう。

解約し忘れている契約は無いですか?

今後ソフトバンクさんから請求がくることは無いですか?

ハッキリと確認をしましょう。

というのも、「携帯を解約」しても、「オプション契約が継続される」ような状態も有り得るようなのです。

副回線契約が残っていた等で、想定外の請求を受けてしまった体験談も見かけました。

上記のようにハッキリとした確認を行えば、安心ですね。

 

契約事務手数料

akusyu

ワイモバイル(MNP乗り換え先のほうの携帯会社)と新しく契約するための手数料が発生します。

ワイモバイルに支払います。

契約事務手数料の金額は、3,000円

 

MNP転入手数料

entrancegate

ワイモバイル(MNP乗り換え先のほうの携帯会社)にMNPを利用して、番号持込みで新規契約するための手数料です。

ワイモバイル公式サイトに記載されているように、この手数料はかかりません

いろいろ費用を挙げていて突然、この手数料はかかりません、なんて言われてしまうと、得した気分になります。

 

スマホの代金

sumaho

スマホ自体もかなりの高額アイテム。

  • これまで使っていたスマホの分割未払いぶんの代金がある場合はその金額
  • これから使うスマホの購入代金が必要な場合はその金額

両方の費用がかかる方もいれば、どちらもかからない方もいるでしょう。

私は、膨張iphoneの払い残りはありませんし、新しいスマホの代金も不要でした。

そこがワイモバイルを選んだ決め手でもありました。

機種によっては、スマホの分割代金とほぼ同額の月額値引きが用意されていることがあるのです。

 

さて費用をまとめましょう

必要な費用をまとめて、出費を目で確認して把握しましょう。

MNP番号発行(ソフトバンク)0円
MNP転出手数料(ソフトバンク)3,000円
違約金・契約解除料(ソフトバンク)9,500円
使用料金などいろいろ(ソフトバンク)??円
契約事務手数料(ワイモバイル)3,000円
MNP転入手数料(ワイモバイル)0円
スマホの代金(それぞれ)0円
 合計使用料金+15,500円

プラス消費税ですね。

私の場合は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると月額料金がだいたい3000円安くなります。

5ヶ月で上記の手数料ぶんは相殺し終わる計算で、その後はむしろ安上がり。

なんだか結果オーライでした。

さあ、どんどん手続きを進めることにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました