声優の小岩井ことりさんがDTM・メンサ・メタルと多才すぎる【リアルれんげ】

声優の小岩井ことりさんがDTM・メンサ・メタルと多才すぎる暮らし・生活

アニメ好きが高じて、アニラジからの声優さんラジオも楽しんでいるカミヤがお送りします。さて…

小岩井ことりさんは声優さんです。

She is a voice actor.
ここ出るよ!

不勉強だった私は、「のんのんびより」の宮内れんげ役をされているおしとやかな女性声優さん、というくらいしか存じていませんでした。
あと「のんのんびより」の動画番組での、髪が長くキレイだなあという印象。

しかし最近、ツイッターやラジオでよくお聞きする小岩井ことりさん情報にDTM、高IQのメンサ、メタルバンドでグロウル…

「あれ?この方、多趣味なだけじゃない、マジで多才すぎる!」と(やっと)驚いたので、その新参の驚愕にまかせて本記事を書きます。(ファンの方にはお馴染みの内容だと思います。)

手広く多趣味というのではなく、ひとつひとつが本気の深堀りなんです!誰にでもできることじゃない!

声優の小岩井ことりさんがDTM・メンサ・メタルと多才すぎる

声優の小岩井ことりさんがDTM・メンサ・メタルと多才すぎる

私が声優の小岩井ことりさんを知ったのはアニメ「のんのんびより」です。

れんちょんもアートセンスやツッコミなど、鬼才ですよね。
なので小岩井さんの天才的な多才さを知った時に、リアルにれんげだ!というインパクトがありました。

私の驚きをひとつずつご紹介します。

声優さんとしても多彩

私の驚きの時系列でいくので、まず小岩井ことりさんの声優さんとしての多彩さからお話しします。

新参としてにわか丸出しでいきますが、のんのんのれんげの印象が強くあって、そういったキャラクターを得意にされているような先入観がありました。

そのにわかフィルター一枚目をぶち破ったのが、スマホアプリゲームのチェンクロ(チェインクロニクル)です。

当時私が気に入っていたキャラクターが、いくつも「CV:小岩井ことり」だと知った時に驚きました。
ちなみにリーゼロッテちゃん最高です。

チェンクロ自体すごくたくさんのキャラクターがいるので、声優さんが複数兼ね役をされています。

何が驚きかというと、キャラクターのステータスやらを調べていた時にCV表記を目で見て気付いたことです。
演じ分けが多彩すぎて、音ではまったく気づかず。
その時「れんちょんスゲー」と思ったものです。これが深みの第一関門に過ぎないとは知る由もなく。

DTMで音楽制作

DTMっていうのは、パソコン上で音楽を制作することをいいます。

小岩井さんはDTMでの音楽制作にも取り組まれていて、しかもガチレベルです。

近年はだいたいの事がパソコンを通す時代ですので、こういう趣味を持つ方にもハードル低くなってはいますが…

小岩井ことりさんのDTMは、機材から環境からトラックメイクからガチです!
趣味ではない!

荒ぶってらっしゃる…。
CubaseというのはDTMに使うソフトで、ツイート内にもありますが「DAW(デジタルオーディオワークステーション)」という役割のものです。
すこすこのすこだそうです。

このようにDTM業界の放送にも。
DTMステーションって、DTMをやってる人間で見たことない人いるのかってくらいのメディアですからね。
しかも自前のマイクケーブル持参とか、ちょっと引くくらいのガチっぷり。

そしてこのツイートの動画にある「作編曲:小岩井ことり」の曲を聴くとわかるガチなトラックメイク(伴奏とか歌とかの音を重ねる作業)。
こういう風に完パケるシンセの使い方って、ガチじゃないと出来ないんですよ。
一回聴いたくらいだと認識できない(しかし重要な)音とか散りばめられてるんですよね。
これは、音色・重ね方・混ぜ方などいろいろ習得してこそ出来ることなので、ホントガチすごいです。

IQ高くてMENSA(メンサ)合格

テストによって高いIQを認められると入れるMENSA(メンサ)に、小岩井さんが合格されました。

もう、興味のベクトル広すぎでしょ。

その興味の幅を支えているのがこの高いIQなのか。と逆に納得できます。

2019/10/26放送のラジオ「A&G TRIBAL RADIO エジソン」に小岩井さんがゲスト出演された際に、もともとIQテストとかが好きだった、と語ってらっしゃいました。それで受けてみたとか。

いやでもこれこそ、誰でも出来るわけじゃないですから。
メンサの試験(?)と一致するのかわかりませんが、10問くらいで出来るIQテストのサイトもありますのでやってみるとエグさがわかります。
私もやってみましたが…笑うしかない。答え合わせもできないしモヤモヤするーーー。
そういうのをスラスラ解けるわけですから、頭の良さ・やわらかさも尋常じゃない小岩井ことりさんです。

メタルバンドでデスボイス

2019年に入ってなんと、ヘヴィメタルバンドユニット「Dual Alter World(デュアルオルターワールド)」を結成。
9月18日には1stアルバム「Alter Ego」をリリースしました。

アニソンでもヘヴィな曲ありますよね。シャウトとかもまれにありますよね。

断じて違う!レベルが!

いちばんわかりやすく特徴的で話題にあがるのが、デスボイスと言われるグロウル発声を小岩井さんがやっているという事。

2019/10/26放送のラジオ「A&G TRIBAL RADIO エジソン」ではそのデスボイスについてお話されていました。
最初は、声優なんで喉大事にしなきゃ、とデスボイスは出来ないと伝えていたのですが「お風呂で練習してたらできた」とか。

もちろんこれもやりたいからって出来るもんでもないですよ。
ポテンシャルおかしいな…

グロウル(デスボイス)に関して、Arch Enemy(アーチエネミー)のアンジェラ・ゴソウさんを参考にしたそうです。
私もアイアンメイデンを観に行ったライブで、サポートアクトで出演していたArch Enemyのライブステージを見ましたが、アンジェラはすごいですよね。今は裏方にまわって、ボーカルはアリッサに代わってます。

もちろんデスボイスもすごいんですが、それはそれで。
このメタルアルバムへの制作アプローチもDTM技能を活かして、 レコーディングを小岩井さんは自宅でおこなったり、ガチレベルで注目なんです。
DTMに詳しい小岩井さんだからこそ出来る、制作への関わり方ですね。

ご本人は「インドアメタル」とおっしゃっていました。

DUAL ALTER WORLD「ALTER EGO」TRAILER
FABTONE Inc.:DUAL ALTER WORLD「ALTER EGO」TRAILER

それでこれですよ。
全編ストーリー仕立てのコンセプトアルバムです。
曲間にドラマパートが収録されていて、まるまるのめり込める内容!最高だな。

ちなみにDual Alter Worldは頭文字を取った略称がDAWになって、DTMの話題で紹介したDAWとかけて言葉遊びになってますね。こういうの好きです。
(※指名検索とれにくくなりますけどね。この場合、そんなのどうでもいいんじゃ!)

今後も小岩井ことりさんの活動が楽しみ

ここまでさまざまにクリエイティブだと、注目せざるを得ません。
今後も小岩井ことりさんの活動が楽しみですね。

今期(2019冬)アニメだと「放課後さいころ倶楽部」で生徒会副会長の渋沢連(しぶさわれん)を演じられてますね。
京都弁ということで、京都出身の小岩井さんピッタリです。

私が最初に小岩井さんを知った「のんのんびより」もアニメ3期が決定してますので楽しみです。
1期2期を見たい方は別記事「「のんのんびより」のアニメ動画を無料で見る【キャラ・声優も紹介】」もご覧ください。

他、小岩井さんの情報はこちらから。

タイトルとURLをコピーしました