どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法どんなときもWiFi レビュー

【2020/4/4追記:どんなときもWiFiについて】
3月中旬からの通信障害の末、私はどんなときもWiFiの活用は一旦あきらめました。
私は現在【FUJIWifi】をメイン回線に利用しています。
>>FUJIWifi(フジワイファイ)申し込み方法を画像で解説

うちデスクトップパソコンなんだけど、どんなときもWiFiでインターネットできるかな?接続できるか知りたい!

どんなときもWiFiのルーター「D1」は、充電用のマイクロUSBポートしか接続口がありません

ルーター直結のインターネット接続は、有線では無く、無線LAN接続だけになっているという事です。

ですが、デスクトップパソコンなどの無線LAN機能が付いていない機器でも、どんなときもWiFiを使ってネット接続できる方法があります。

  • 無線子機を使う【簡単!】
  • 無線LAN中継器から有線LAN接続する【たくさん接続できる!】

のどちらかがオススメです。1000円から2000円くらいの機器を使用して、デスクトップパソコンでどんなときもWiFiのネットを使う方法を詳しくご紹介します。

無線LAN機能が付いていないノートパソコンも同様に使えますので、ぜひ参考になさってください。

【無線子機で一台ずつ】どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法【簡単】

【無線子機で一台ずつ】どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんなときもWiFiをデスクトップパソコンでも使う方法 その1は、

【USB無線LAN子機を使って接続する】です。

パソコンのUSBに差し込むタイプの、小型アダプターを使用します。

無線子機パターンのメリットとデメリット まとめ

この方法の【メリット】

  • 安いものだと1000円以下でも買える
  • 設定が簡単。パソコンに差し込むだけで、ノートPCの設定のようにWi-Fiリストから探してパスワードを入れれば繋がる
  • 小さい

この方法の【デメリット】

  • 無線子機ひとつで、パソコン一台
  • 複数台ぶん用意して同時接続したら、どんなときもWiFiルーターの接続台数(上限5台)に全部カウントされる
  • パソコンのUSBポートをひとつ占領する

ひとつずつ解説していきますね。

安い無線子機は1000円以下でも買える

どんなときもWiFiの無線規格や想定速度を踏まえると、1000円以下の安いUSB無線LAN子機(アダプター)でも問題ないです。

かといって、無線LAN子機はそう簡単に壊れないので数年使えると思います。

一応、人気のある無線LAN子機(2000円くらい)を、2つほどご紹介しておきます。

1000円以下の無線子機もご紹介します。

無線子機を差し込むだけで設定が簡単

Windows10パソコンなら、だいたい無線子機をUSBポートに差し込むと認識してくれます。(※もちろん機器によりますので、それぞれの説明書に従ってください)

パソコンが子機を認識したら、あとはノートパソコンと同じWi-Fi接続手順です。こちらの記事で解説していますのでぜひご覧ください。

無線LAN子機は小さい

そのままです。USB無線LAN子機(アダプター)は、小さいので場所をとらないですね。

無線子機ひとつで、パソコン一台の接続になる

当たり前なのですが、USB無線LAN子機を差し込んでいるパソコンがルーターに接続できますので、無線子機ひとつでパソコン一台がネット接続できます。

デスクトップパソコン二台で同時にインターネットを使いたい場合、無線子機は2つ必要になります。

同時接続しなくて良ければ、都度USBから付け替えて使えますが、それは不便ですね。

ルーターの接続台数(最大接続数5台)に全部カウントされる

複数台ぶん用意して同時接続したら、どんなときもWiFiルーターの接続台数(最大接続数5台)に全部カウントされます。

スマホも接続すると考えると、通常二人分という感じですね。

パソコンのUSBポートをひとつ占領する

デスクトップパソコンのUSBポートに差し込んで使うので、そのUSBポートは無線子機がさしっぱなしです。

USBポートの数に余裕があれば問題ではないですが、ポートが少ないパソコンや、USB機器をたくさん使っている人には少しツライかもです。

【使い方】無線子機でデスクトップパソコンから接続する方法

メリットの説明で出てきちゃいましたが改めて、無線LAN子機を使って、デスクトップパソコンとどんなときもWiFiを接続してインターネットをする方法です。

別途用意した無線LAN子機をパソコンのUSBに差し込みます。

無線LAN子機の認識方法は、それぞれ子機の説明書に従ってください。そこが成功すればあとは ノートパソコンと同じWi-Fi接続手順です

詳しくは『どんなときもWiFiの初期設定・スマホとノートパソコンでの使い方』で解説していますのでぜひご覧ください。

画面右下のアイコンは、Wi-Fiマークか、地球っぽいマークだと思います。

接続台数もUSBも余裕あるなら無線子機でOK

ルーターの最大接続台数5台も余裕、パソコンのUSBポートも余裕な方は、この無線LAN子機での接続が簡単で良いと思います。

【無線LAN中継器から有線LAN接続】どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法【たくさん接続】

【無線LAN中継器から有線LAN接続】どんなときもWiFi デスクトップパソコンでも使える方法

どんなときもWiFiをデスクトップパソコンでも使う方法 その2は、

【無線LAN中継器から有線LAN接続する】 です。

無線LAN中継器を使用し、LANケーブルでパソコンの有線LANポートに接続します。

こちらは、台数制限を超えて、たくさんのパソコンを接続したい方向けです。

私は、スマホもパソコンも複数使用していますのでこの方法でどんなときもWiFiに接続しています。

接続方法・メリット・デメリットなど、詳しくは『どんなときもWiFiの最大接続数5台をそれ以上に増やす方法』で解説しています。

接続台数によってお好きな方でどんなときもWiFiを楽しみましょう

お好きな方でどんなときもWiFiを楽しみましょう

今回ご紹介したように、無線LAN機能のないデスクトップパソコンでもどんなときもWiFiを楽しめます。

方法によっては、台数制限を超えてネット接続することもできましたね。

  • たくさんの台数をネットに繋ぎたい方は、無線LAN中継器で設定
  • 5台以内でOKな方は、USB無線子機で簡単に接続

ご自身のスタイルによって、お好きな方法でインターネットを楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました